« プッチーニの故郷ルッカ♪ | Principale | Stefaniaファミリーとトレヴィーゾでクリスマス★ »

24/12/12

サン・マルコ大聖堂でのクリスマスの深夜ミサ

「あ~、(寝室に貼られた)Silviaの兄弟らしき愛しのハンサムボーイの写真ともお別れだわ。。。」
と寂しげにつぶやくあたし。。。

するとStefania・・・「Kaori、よーく見てごらん!」

「ん?・・・えーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」

Stefania「そうだよ、これ、Silviaの若いとき!」

「。。。(^_^;)」

・・・2夜のあたしのトキメキはなんだったんだ。。。


アパルトメントの下で、朝食を近所のバールで一緒にしようと待っててくれたSilviaに、「Buongiorno, amore mio!!」とハグをすると、Silviaったらチャーミングな瞳をクリクリさせて、キョトン。

Stefaniaが、Kaoriったら寝室にあったあなたの写真に恋をしてたのよー・・・って。
で、SilviaとDavide、大爆笑!
RIMG0917.jpg
今朝は。。。ゴハンが入った甘いパン・・・!?・・・を初体験☆
これ・・・本当に中身全部ゴハンなんだけど、美味しかった!!
Tiffanyもバールでちゃっかりサラミをもらって朝食を済ませ、私たちは2人+1匹に別れを告げて、元気になったナビと共にメストレへ。

RIMG0933.jpg
久々に、Stefaniaのマンマのパスタとポッロをいただき、お買い物に行く気などはすっかり失せて、スーツケースの半分を占める結果になったVestriのチョコレートとその他の荷物を詰める方法に悩み、量り、詰め、捨てる・・・みたいな(笑)。
RIMG0927.jpg

その後、クリスマス用の最後の買物に行くというStefaniaについて、大規模ショッピングセンターが集まるところへ。
ほんと・・・全てが大きくて。
RIMG0938.jpg
そして、スーパーでお買い物。
見慣れない野菜とかもあって、なかなか楽しかった!
RIMG0953.jpg
お金と時間とスーツケースの隙間がもっとあったら、かなりの時間とお金をここで費やしかねなかったかも・・・。
RIMG0963.jpg
でも、さほどなかたので、時間もお金も使いすぎずに帰宅し、ちょっと休んでから、19時くらいだったかな・・・・いっぱい着こんでメストレへ。

メストレの駅前で、Mariannaと待ち合わせ。
彼女は、Stefaniaが私をヴェネツィアのサン・マルコ寺院のクリスマスの深夜ミサに連れていくときいて、行ったことないので一緒に行きたいと言ったのだそう。
そして、ここからは彼女の車で、ヴェネツィアに渡る直前のところにある駐車場まで行って、ここからバスでローマ広場へ。

ローマ広場の駐車場は、すっごく高いので、一日中ヴェネツィアにいるのでなければ、本土に車を置いていくのが普通みたいです。

ローマ広場に来ると、今度はリド島のElisabettaと合流。
RIMG0992.jpg
今回の旅、ヴェネツィア2度めの上陸にして(笑)、初ヴァポレットでリアルト橋下車。

RIMG1006.jpg
4人でまだまだ時間に余裕があると、ふらっと歩きながら見つけたリストランテで、ヴェネツィア名物のバカラ(たら)にポレンタや、ホタテたっぷりのパスタなどを食べてから、ゆっくりとサン・マルコ広場へ。
RIMG1008.jpg

22時30分くらいだったかな・・・

サン・マルコ寺院の横には既に長蛇の列。
RIMG1018.jpg
列もすごいけど、建物も大きいから座れないにしても入ることはできるでしょ・・・と、とりあえず並んでみたら、23時半から最初のお祈りがはじまるとのことで、23時ちょっと前頃に開場。

で、ラッキーにも座れました!
椅子には、ミサの式次第が置かれてて、一応、小・中・高とカトリックの学校に通い、中・高は学校の聖歌隊に入ってた身なので、ミサの流れはめちゃめちゃよくわかりました!

「平和の挨拶をしましょう」というところで、イタリア語だから「パーチェ」と言いながら周りの人と握手を交わすの。
日本語訳でのミサと違って、なんか「Pace(パーチェ)」という言葉の響きが、そのまま「平和を」って聞こえてきて、すごく幸せな気持ちになりました。

それに、「アデステ・フィデレス」とか、私、もともとラテン語で歌ってたわけだし、「きよしこの夜」はイタリア語の歌詞が配られてるので、まさに聖夜のミサに、カトリックの国イタリアの・・・それも、夢の国ヴェネツィアの・・・こんな素晴らしいバジリカ・・・黄金に煌めくサン・マルコ寺院の中で、いろんな国から来た人たちと一緒に、典礼を唱え、聖歌を歌えるなんて!
まさしく夢のような一夜でした!

RIMG1023.jpg
0時の鐘・・・そう、ここヴェネツィアには鐘楼が多く、街にいて聴こえてくる鐘の音が大好きだったのですが、このミサの間、外から大音響で効果音のように教会の中にまで外の鐘の音が響きわたってくるんです!
これが、もう涙モノの感動を呼ぶの!

そして、0時を過ぎたところで、参列者の中央の道を荘厳な行列に伴われて、「赤ちゃんイエスさま人形」が運ばれてくるんです!

・・・それで、この日まで、どこの教会のプレゼピオにも、イエス様が不在なんだ!・・・と、納得。



さて、Stefania嬢の素晴らしいところ・・・
いつも、私に完璧なガイドさんをつけてくれているということ。

実は、彼女ときたら、この感動的なミサのまっ最中、イエス様が到着された後、甥っ子のLorenzoが大運河沿いの4ツ星のVivaldi Hotelで働いていて、夜勤だから、陣中見舞いがてらクリスマスのお祝いに行って来るね~と、私をMariannaに託してサン・マルコ寺院に残していったんです。

ところが、このMariannaが素晴らしいの!
彼女、とても経験なクリスチャンで、ミサの最中、いろいろ説明してくれたり促してくれたりするのです!
どこで立つべきか座るべきか立つべきか・・・も含め、平和の挨拶やその他諸々・・・彼女のおかげで、私はこのクリスマス・ミサを200%堪能することができちゃったわけです!

すごいでしょ・・・ある意味でStefaniaったら(*^^)v。

RIMG1051.jpg

ミサが終わったのは1時半くらいかな。
ヴァポレットって通常でも24時間・・・一晩中運行してるんですね~ビックリ!
でも・・・車が走れないんだから、ヴァポレットがなかったら身動きとれないですよね・・・この町。

サン・ザッカリアからヴァポレットに乗り、ローマ広場からバスに乗り、メストレから車に乗り換え、家に着いたのは、3時半・・・。

いよいよ、明日・・・いえ、もう今日はクリスマス★

|

« プッチーニの故郷ルッカ♪ | Principale | Stefaniaファミリーとトレヴィーゾでクリスマス★ »

K1) イタリア旅行記」カテゴリの記事