« VESTRIアレッツォ本店に社長を訪ねて | Principale | プッチーニの故郷ルッカ♪ »

22/12/12

ラポラーノ・テルメ経由でシエナへ

ホテルでブリオッシュとカフェラテ、スプレムータの朝食を済ませてから、Micheleのパスティッチェリアに挨拶に。この日は、Micheleもオフだったようでお店を手伝ってました。このMicheleデザインの制服がまたかわいいの!
マルメラータ(ジャム)がたっぷりのコルネットに、袋詰めの大量のカントゥッチ(前夜、どれが一番好き?って言われて私がカントゥッチって言ったからだと思う)、それにミネラルウォーターまでセットにして私とStefaniaに持たせてくれました。

Gaiaちゃんに、日本で待ってるからMicheleおじちゃんと一緒に来るんだよー!と、笑顔で別れを告げて、ラポラーノ・テルメに向かう。
RIMG0466.jpg

実は、私にとっては初の海外での温泉体験。
日本を出発する前に、アレッツォからシエナに行く予定だと言ったら、温泉愛好家のVestriジャパンの社長さんが「ラポラーノに行ってごらん!」とすすめてくれたので。

めちゃめちゃ狭くて舗装されてない山道を、StefaniaのPandinaが頑張って走る走る走る・・・美しい湖と館~トスカーナの田園風景を愛でていると、車一台しか通れない一本道に大きなショベルカーとトラックが止まって水路の大工事中。。。
戻るに戻れず進むに進めず・・・というところを、Stefania・・・工事のおっちゃんに交渉しにショベルカーによじ登る!!
RIMG0467.jpg
で・・・Pandinaは、ちょっと(かなり)バックして、ショベルカーとトラックに寄ってもらって無事に通過!
Veramente sempre bravissima Stefania!!


とにかくお天気がよかったので、めちゃめちゃ気持ちよかったです!
真っ青な空に、トスカーナの景色を見ながら温泉に浸かる・・・というよりは、プールに浸かってる感じでしたけど(^^ゞ。
内風呂(風呂と呼べるかどうかは別として)は、温度もちょっと高めで確かに温泉な感じでしたけど、外は完全にプール状態(笑)。

でも、深さが・・・大人が立って入る深さなわけで、周りにちょっと腰をかける場所があるとはいえ、子供はゴーグル付きで泳ぐしかないわけです(笑)。
そもそも、piscinaって表記されてるんだから、やっぱりプールなんですよね。。。

それにしても、運よく、さほど混んでたわけでもなかったみたいで、シャワー続きのイタリア滞在生活の中、久しぶりにゆっくりお湯に浸かって幸せなひと時♡

サン・ジョヴァンニの施設もとてもきれいで居心地よかったですが、テルメに浸かりながらの青い空とトスカーナの絶景、忘れ難いです。
Blackさん、教えてくれてありがとねっ☆
RIMG0480.jpg


さて、ちょっと小腹が空いたので、ここで朝、Micheleのところでいただいたマルメラータたっぷりのコルネットをいただく。
・・・お水まであるし!

いただいた時にも感動したけど、ここでちょっと何か食べたいと思った瞬間にちょっとした食べモノが、そして喉が渇いたなって思った瞬間にミネラルウォーターがあるという配慮。
ひたすら、Micheke一家に感謝です★

さて、一度見てみたいと思っていた、「シエナ色」をしているシエナの街。
色名の「シエナ」はこの街の色からきているというので。

Stefaniaにとっても初のシエナ。
というわけで、彼女もとても楽しみにしてまして。。。

そして、今回は、特に地元ガイドさん(笑)もいないので、一応、せっかく買って来た「地球の歩き方」などを見てみたりします。

シエナの街中は、シエナ住民以外は車で入れないということで、Stefaniaが事前に「エスカレーター」でシエナに上がるのに便利なほうの駐車場をリサーチ。
彼女の車に取り付けられた、ちょっとセクシーな声のするナビに導かれて無事に到着。
エスカレーターでシエナの街に入ります。

とりあえず、有名な「広場」を見に行こう・・・ということでピアッツァ・デル・カンポへ。
扇形でなだらかなすり鉢状の広場は、確かに世界一美しいと言われることもあるくらいで、さすがの存在感!

写真・・・に納めようにも納まらず・・・
まあ、こっちの建物とかって、そもそも大きすぎて相当さがらないと入らないんですけどね・・・。
RIMG0560.jpg

ま、やっぱり入らないねーと言いながら、「地球の歩き方」を見るまでもなく、時計がある塔の建物に入ってみると、何やら「塔」に登れるらしい・・・。

上まであがったら、全部、写真に入るんじゃん???

と思いながら、とりあえずマンジャの塔のチケット受付へ。



チケット販売フロアに行くまでがすでに階段。2階くらい?

で、そこで、突然、身ぐるみはがされます。。。

っていうか、わかんないよー。

チケットを買うと、ここのセキュリティボックスで全ての荷物を預かるので、カメラ以外はすべて置いていくようにって言われるの。
外に何かを落とすから危ないっていうことと、たぶん、中がとにかくせまいから傷つけないようにってのもあるのだろうけれど、見に着けている貴重品をたっぷり詰め込んだバッグも置いていくように言われる。
あのー、パスポートとかお財布も入ってるんだけど・・・というと、必要ならそれはポケットに入れていってもいいっていうんだけど、なんか出したり入れたりしてるほうが失くしそうで恐いので、とりあえずそのまままとめてセキュリティボックスへ。

だって、置いていかないと昇らせてくれないっていうんだもん。。。
せっかくここまで来たら、シエナ色のシエナの街を上から見たいじゃない?

ま・・・仮にパスポート失くしても、きっとイタリア中の友達の家を渡り歩けば再発行まで生活できそうだし(^_-)-☆、

昇ってみて思ったのは、仮に、パスポートが失くなったとしても見るべきだっていう美しい光景!
そして、荷物があったら、絶対に通れないほど狭くて急な通路。

ずっと見たいと思ってた「シエナ色の街」。
広場の噴水もちゃんと上から見えました。

で、ふと気がついた。

あの、入口のセキュリティボックスって、30個もなかったような気がする・・・
っていうことは、荷物を預けないと昇れないわけだから、ここ、通常、すごい入場制限状態になるってことなんじゃん???
(あとで「地球の歩き方」を見たら、そう書いてあった・・。あたしたち、すぐに昇れて超ラッキーだったみたい!)

で、Stefaniaにそれをいうと、彼女はなんか注意書きみたいなのを読みにいった。
・・・塔内の滞在時間時間15分・・・

おーい、そろそろ降りなきゃじゃん(^_^;)
RIMG0538.jpg

だいたい、日本語の説明なんて必要な時こそ訳されてない・・・。
やっぱり日本語人口て少ないんだよね。。。たぶん。

イタリア人がイタリア語の記載を見逃してるくらいなのに、日本人が気がつくわけないじゃん・・・。

それにしても絶景だった。

RIMG0571.jpg
シエナのドゥオーモで色彩豊かな大理石による床の装飾などを、私が「地球の歩き方」を読んでSteafniaに解説する・・・という不思議な状況で拝観したあと、Stefaniaが街中のちっちゃな食材屋さんでオーダーしてくれた、地元のサルシッチャと地元のペコリーノと大きなナスのソテーをはさんだおっきなパニーニを食べ歩きながら、駐車場へ。
RIMG0569.jpg

ここから、今夜の宿泊地、ルッカへ移動。

だというのに・・・Stefaniaの「セクシー・ヴォィス・ナビ」が故障。

正確に言うと、本体が故障したわけではなく、USBの線がイカレちゃったみたい。
しばらくは、彼女の携帯のナビを使っていたけれど、どうしても方手が携帯持ったままになるので、あまりオススメじゃない。
私のiPhoneも使える・・・けど、私はセクシー・ヴォイスじゃない・・・じゃなくて(^_^;)、イタリア語で流暢なナビはできない。

ふと思いついて、ナビの端子を見せてもらったら、microUSB・・・もしかしたら、私、接続端子持ってるかも~と、スマホ3台をフル充電できるというソーラー充電も可能な携帯充電機につないでみる・・・

あ、付いた!
行けそうじゃん!!

とはいえ、さすがに車からの充電で使う仕様のナビだから、電池の消耗もハンパじゃない。

まっすぐの高速道路はオフして、活用。

Stefaniaがひと言・・

「Kaoriのバッグは、ドラえもんのポケットみたい!」



でも、この日、ここでナビが生き返らなかったら、たぶんルッカにはたどり着けなかった。



なんといってもすごい霧。

生まれて初めて見ました。。。高速の出口があるのも、標識も、表示も、前の車も全く見えない。。。
夕方だけど、すでに夜中くらいの真っ暗さ・・・。

つまり、ナビがこの先の道のカーブを表示していくので、ほとんどそれを見ながら運転してるような状況。

実際に、Stefania、高速の出口が見つけられず、降りられませんでした。

ナビが使えたので、無事に次から戻ってこれたわけだけど・・・。



で、トレヴィーゾのAlessandroのいとこのDavide e Silvia のご夫妻宅へ。
こちらでは、彼らの愛犬 Tiffanyちゃんがお出迎え。

一旦、歩いてすぐのところにある、今夜、泊まらせていただくSilviaのお母様のお宅へ荷物を置きに。

SilviaのマンマPiera・・・とっても上品で優しくて素敵なお方★
それに、またしても広いお部屋・・・

今は、お一人で住んでらっしゃるということで、どうぞ、空いてるお部屋を使って!・・・とのこと。
本当に、イタリアの人たち、親切すぎ!!

で、チェーナは、ルッカ郊外の(たぶんかなり郊外の・・・というか、ルッカって電波が全然繋がらない・・・(^^ゞ)AMLETOという、ちょっと不思議なカラオケレストラン。
この日は、クリスマス直前ということで広い店内満席。
21時過ぎからの夕食に、ちっちゃな子供も元気いっぱいにクリスマスプレゼントをもらってる。
RIMG0629.jpg
そして、メイン・イベントは、Renato Zeroという人のモノマネをする人のショー。
なかなか強烈で面白かったです。
RIMG0637.jpg
私的には、モノマネの元の Renato Zeroを知らないので、「それ誰?」って感じだったんですけど、実際には、「ナイト・メア・ビフォア・クリスマス」のイタリア語版の歌を吹き替えてる人だったので、私、DVDがうちにある。。。
なぜ、これがわかったかっていうと、ルッカからメストレに戻る車内で、初日にメストレのCoinで買った、ディズニー音楽のイタリア語吹き替え版CDをかけてたら、ホンモノのRenato Zeroの声が聞こえてきたから。


確かに似てた(笑)。

で、このレストランに、NicolettaとLauraも来てくれて、Nicolettaとは夏の鎌倉でのビーチパーティ以来の再会。
Lauraとは来日時には会えなかったので、今回が初対面。

2人とも日本語を勉強中。
Lauraは、日本に語学留学経験もあるので、私も久しぶりにちょっと日本語話せてリラックス~。

Silvia夫妻のおすすめ料理の数々を大量にオーダーして、みんなでシェア★
私が、いろんなものを食べたがるので、「これなら、Kaori、いろいろ食べられるでしょ!」って。
RIMG0635.jpg
なんだかんだ、毎晩、ワインかスプリッツを飲んでるあたし・・・(^^ゞ
ただでさえ、飲むと眠くなるのに、時差に伴って、飲んだ後の眠気はハンパなくて・・・。
お子ちゃまたちより早めに帰宅・・・っていっても0時過ぎてましたけどね(-_-;)

寝室に貼られた、Silviaの兄弟らしきイケメンの息子さんたちの肖像画に、ほんのり恋心を抱きつつ就寝☆

|

« VESTRIアレッツォ本店に社長を訪ねて | Principale | プッチーニの故郷ルッカ♪ »

K1) イタリア旅行記」カテゴリの記事