« サン・マルコ大聖堂でのクリスマスの深夜ミサ | Principale | 優美なパッラーディオの町、ヴィチェンツァ »

25/12/12

Stefaniaファミリーとトレヴィーゾでクリスマス★

Buon Natale!!

イタリアで迎えたクリスマスの朝は、近くの教会がミサを知らせる鐘の音で目ざめました。

ステキでしょ!
っていうか、ステキ過ぎ!!

階下では、StefaniaがマンマMariaを手伝って、クリスマスのランチの準備中。
今日、クリスマスは、トレヴィーゾに住む、StefaniaのおにーさんRobertoとFrancescaのお家での大家族大集合のクリスマスのお食事会にご招待いただいてます~♪

イタリアでは、"Natale con i tuoi, Pasqua con chi vuoi."(クリスマスは両親と共に、イースターは好きな人と共に)と言われていて、25日のクリスマス当日は、お昼から家族が集まって食事を楽しみます。
最近は、なかなか家族全員で集まれない家庭も増えてきているそうですけれど。


RIMG1090.jpg
というわけで、Mariaの作ったラザニアとか、ポテト料理とか・・・どんどん鍋のまま、車に積み込んで出発!
メストレとトレビーゾの境界近くのStefania邸からは、1時間弱の距離です。

さて・・・イタリアに着いてから、これまで伺わせていただいたお家、どこもめちゃめちゃ大きかったですが、ここ・・・ハンパなくて(-_-;)
地下室あり、地下と1階の間(中1階みたいな)には駐車場・・・さらに地上も4階建て・・・
RIMG1086.jpg

Stefaniaの姪っ子たち(みんな美形でかわいい~)に

「ここに何人で住んでるの?」と訊いたら、

「5人」

「それって、一人につきワンフロアってこと???」

「そんな感じ~(笑)」

「掃除、どうするの?」

「ママが一人でするのー。たまにパパが手伝う~」みたいな(^^ゞ


・・・このうちの子供にはなりたいけど、主婦にはなりたくないかも~(笑)
RIMG1068.jpg

Stefaniaは、お兄さんのPaoloとRoberto、お姉さんのElisabettaの4人兄弟。
それぞれ、配偶者ありお子さんあり・・・

で、結局、最終的に、義理のおねーさん&おにーさん、いとこだの、甥だの姪だの・・・・、さらに義理のおにーさんのパパが来たり、義理のおねーさんの兄弟が食後に立ち寄ったりだの・・・で、総勢20人以上がフェスタの間中出入りしてました(^_^;)。
RIMG1066.jpg
Stefaniaのマンマの他に、おねーさんやおにーさん夫妻が、それぞれ担当を分けてお料理を作っていて、旬のヴェネト州の野菜などもたくさん食卓にのぼり、すごいお料理の数と量!
RIMG1087.jpg
私、今回の旅で、ヴェネト州の、中身がたっぷりのロール型のトラメッツィーニ(サンドイッチ)にはまっちゃった!
パンもふわふわで、美味しかったな~。
あとで、レシピ教えてもらおうっと!
RIMG1094.jpg
Stefaniaの姪っ子のAlessandra, Valentina, Matteo たちが、パパに教わったからって、日本語で挨拶してくれました!
びっくりしたことに、StefaniaのおにーさんのRoberto、かなり以前、3ヶ月ほど日本に住んで、イタリア語の先生をしてたことがあるんですって!
実は、このことStefaniaも知らなかった・・・。

つまり、知らなかったけど、すごい親日家のお家にご招待いただいてたということ。
姪っ子たちは、まだ見ぬ「日本」という国・・・パパやStefaniaが魅せられている東の国に、興味津々でした。

Alessandraが、ヤマハのピアノ(ピアノを最初に作った国で、日本メーカーの楽器を選んでくれてるのってなんだか嬉しい~)で、「オー・ホーリー・ナイト」を演奏してくれたので、私も彼女のピアノにあわせて歌わせてもらい、アンコールをいただいちゃったので、再びアカペラで、「ゴンドラの歌」を。

最後は、ディジェスティーヴォ(食後酒)に、パネットーネとクルミをはじめとしたナッツにフルーツで。

チャイコフスキーのバレエ『くるみ割り人形』が、クリスマスの話のイメージだったけど、クルミを食べると幸運が訪れるのよ!・・・というので、私もくるみ割りでくるみを割って幸運をいただく☆
日本だと、なかなか殻付きで買わないですよねー、クルミ。



で・・・
13時からのランチが終わったのは17時。


RIMG1126.jpg
17時・・・すでに、外はかなり暗くなっていますが、トレヴィーゾ在住のAlessandroが街を案内してくれるというので、チェントロ(街の中心)に行って、教会で待ち合わせ。
すると、さらにもう一人のAlessandro(Stefaniaが2回目の来日の時に一緒に来てた)とその友人2人も合流。
RIMG1169.jpg

というわけで、かなり暗かったのでちょっと残念でしたが、ヴェネツィアを想わす小運河や、水車など、ライトアップされた冬の夜のトレヴィーゾを満喫しました。
また、初夏にでも訪れてみたいです! ・・・ いつか、ドロミテ近くの街、ベッルーノにも行きたいし!
RIMG1249.jpg

クリスマス当日ということで、明日とあわせて見事にお店が開いてないんです!
だから、露店といくつかのバール以外は本当に開いてない状態。。。

・・・まあ、チョコレートが半分を占めて、現在23キロちょうどのスーツケースの私には、ある意味、幸いなことでしたけど(^_-)-☆

4時間にも及んだランチでいっぱいになったお腹も、寒すぎず気持ちのいい散策で何とかこなれ、明日に備えてトレヴィーゾを後にしました。


そうそう!!
クリスマスの今日は、どこの教会のプレゼピオのマンジャトイア(飼い葉桶)にも、赤ちゃんイエス様がすやすやとお休みになっていらっしゃいました☆
RIMG1143.jpg

|

« サン・マルコ大聖堂でのクリスマスの深夜ミサ | Principale | 優美なパッラーディオの町、ヴィチェンツァ »

K1) イタリア旅行記」カテゴリの記事